情報処理センターシステム(新システム)についての説明

本ページでは、東京海洋大学の情報システムについてお知らせしています。
特に、情報処理センターシステム(新システムという)および現行システムからの移行に関する情報を随時お知らせします。

本ページ記載の情報は移行作業の進捗および障害等への対処により随時変更される可能性があります。




(重要)卒業後のメールの利用について: 

新システム更新にともない転送サービスが廃止されました。
詳細はこちらをご確認ください。


(終了しました)メンテナンスによるサービス停止のお知らせ 2016年8月度

サーバのセキュリティ対応のために、以下の日程で、サービスが利用できない時間帯があります。
詳細はこちらをご確認ください。


(改善済み)添付ファイル付き迷惑メールが極端に増える(教職員用メールサーバ)

「送信元IPアドレスの検査」(SPF検査)を有効にした際に、添付ファイルの検査に問題が発生していました。現在では改善済みです。
詳細はこちらをご確認ください。


(改善済み)学外からメールを送信すると、サブジェクトに[spam]と付く(教職員用メールサーバ)

学外からメールソフトを用いてメールを送信すると、正規の利用者であっても、サブジェクトに[spam]と追加される事象が発生していました。
詳細はこちらをご確認ください。


情報処理センターシステムからの印刷の有料化について

情報処理センターシステムの更新にあわせて、教育用端末からの印刷は、枚数制限を廃止し、利用者負担(有償)になりました。

印刷費用等についての詳細をご確認ください。

学生用メールシステム(Gmail)へのログインについて

 アカウント通知書記載のパスワードは、パスワード変更するまでは、学生用クラウドメールシステム(G Suite)へのログインには利用できません。
 詳細はこちらをご確認ください。
学生用クラウドメールシステムで「管理者によってアカウントが停止されました」と表示される場合は、アカウントの有効期限を確認しますので、教務課に問い合わせをお願いします。卒業後、進学する場合も、学籍番号や海洋大IDが新しくなりますので、以前のIDではログインできません。