Windows 10 半期チャネル

Windows 10では、安定性を重視する用途向けに「半期チャネル」という更新方法を用意しています。
業務で利用する端末では、「半期チャネル」を選択することを推奨します。
注意: 半期チャネルを選択できるのは、法人向けWindows 10 Proのみです。

Windows 10が調子悪い場合に、「以前のバージョン」に戻す方法
Windows Update 後に Windowsや Officeの調子が悪くなった場合、以下の方法によりアップグレード前の状態に戻すことができます。


注: Windows Updateの適用と、大型アップデートの適用は独立に行えますので、Windows Updateは
必ず毎月実施をお願いします。


  1. スタートボタンをクリックし「設定(歯車のアイコン)」をクリックする。
  2. 更新とセキュリティ」をクリックする。
  3. 開いた画面の左側にある「回復」をクリックする。
  4. 画面の右側に表示される「前のバージョンのWindows10に戻す」欄の「開始する」ボタンをクリックする。
  5. 以降画面の指示に従うとWindowsが元のバージョンに戻る。  

Windowsの機能更新プログラムの適用を遅らせる
以下の設定をすることで、Windowsのアップグレードを遅くし、安定版を適用することができます。
  1. スタートボタンをクリックし「設定(歯車のアイコン)」をクリックする。
  2. 更新とセキュリティ」をクリックする。
  3. 画面の右側にある「詳細オプション」をクリックする。
  4. 「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」が「半期チャネル(ターゲット指定)」になっている場合は、「半期チャネル」に変更する。

「半期チャネル」の説明

通常の Windowsリリースである「半期チャネル(ターゲット)」では年に 2 回、3 月と 9 月ごろに機能更新プログラムが配信されます。
半期チャネル」では、大型アップデートの適用数ヶ月遅らせることで安定性が確認されたプログラムが配信されます。

設定方法は、「コントロールパネル」 ->「Windows Update」->詳細オプション->「半期チャネル」です。

Windows 10の更新プログラムに関する詳細な説明は、以下のウェブページを参照してください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/update/waas-quick-start

注: 2017年前半までは、「半期チャネル」は旧名称: Current Branch for Business (CBB))、「半期チャネル(ターゲット)」は旧名称: Current Branch(CB)、という名称が使われていたことがあります。
Comments